白髪染めをする

白髪が一本、2本だんだん数え切れなくなった時にそろそろ白髪染めをしないといけなくなってきたなって思います。

黒髪に白髪が出るとはっきり目立ちますね。

色を変えずに白髪を目立たなくするか?全体に色を変えて白髪を目立ちにくくするか?

ずっと染めなくてはならなくなる前に、今後なるべ負担をおさせえた染め方に変えるか?

ちょっと考えてみましょう。

 

白髪染め自宅でする

自宅で白髪染めをする方は市販の薬を何を使うか?これによって今後髪の痛み(髪が細くなってきたり、髪がキシキシになったり)をコントロールすることも出来ますね。

暗い色(黒髪)に染めたりすると白髪が伸びるとはっきりわかるのでかなり頻繁に染めることになりそうですね。

白髪がしっかり染まらない(ぼかす)ことを前提に少し明るい色も選んでみてはどうでしょうか?

白髪染め明るい色

明るい色を選び地肌ギリギリはあんまり染めない。そうすると地肌の負担が少なくなりそうです。白髪もしっかり染まらない(わざと)と伸びた時にくっきりしないのも良い理由です。

白髪染め美容室でする

美容室ではしっかり染めることも、白髪をぼかすことも、ハイライトと混ぜながら明るい白髪染めなど色々な提案ができます。

白髪が出ると白髪を隠す為に染めること(白髪染めなんてよび方いやですね)を始めると気になる時期が白髪が多い人ほどすぐにやってきますね。

隠すからぼかすに変えて行くことによって色々なおしゃれ染めも楽しめますのでここは美容師と早いうちに相談して初めてみましょう!!

白髪染め部分

そんなに目立たに白髪の方は部分だけ染めるっていうのもありです。

もみあげだけ染めるとか、つむじだけ染めるとか、そんなときもしっかり染めないで

薄い色を選べば伸びた時に目立ちにくいですよ!

白髪染めトリートメント

トリートメントの分類では酸性カラー(ヘアーマニュキア)やヘナも良いと思います。

髪頭皮に負担は少ないものを選びたい方はおすすめです。

2018年には日本の企業がヘアーカラーの革命的な物を発売するようです。

既存の染毛染料と比べ、鮮やかに発色し立体的な色彩に染まるのが特徴らしいです!!

白髪おしゃれスタイルを美容師が解説

スポンサーリンク