<アジア人と欧米人の髪質の違い>

平均的な日本人の髪の本数は約10万本、欧米人は約14万本前後と言われています。

日本人の毛の太さ0.08mm

欧米人は0.06mm

欧米人は髪が細く、本数が多くてキューティクルが厚い、アジア人の髪の方が太いので強いですが一度壊れると修復が困難ですね。

一日の平均50~150本くらい抜毛があります。

季節によっても成長速度が違います。生えて、抜け落ちるまでの髪のサイクルは男性が、3~5

女性が、4~6年と言われています。

抜け毛は1100本まで大丈夫とされてます。

キューティクルと髪の中のタンパク質のバランスが違います。特に、欧米人はアジア人よりキューティクルが厚いんですよ。

ブロンドにしてもつややかなのは中身のタンパク質が流失しにくい構造だからです。それが、欧米人の髪の強さの元なんですね!

欧米人の髪を濡らすと、猫毛のようにペッタンコになります。乾かすとふわっとしてきます。これが、タンパク質のバランスの違いです。

 

<オーストラリアに来て髪質が悪くなった?良くなった?>

 

 

ここブリスベンの水は硬水(硬さは140)日本は軟水(硬さは50)ですね、その水で毎日洗顔洗髪をしてるのでごわごわとした手触りになるのですね。

オーストラリアも広いですから地域によって性質も違いシドニー、メルボルンは軟水ブリスベン、ゴールドコーストは硬水なんですよ!

傷んだと感じるのは当たり前です。お肌のケアーはしっかりするけど髪の毛は痛くないので最後まで放って置くので傷みきってしまうんですね。

ヘアーカラーにも影響があリますので日本に住んでる時より色が明るくなりやすい傾向にあります。

お肌と同じで水分が不可欠、分子の細かい髪内部に浸透するお水が修復効果があります。

シャンプーは界面活性剤が含まれているので、汚れを分解してくれる半面、頭皮を痛めています。

カット、カラーのついでに一度すっきり頭皮も髪もリフレッシュしましょう。

Yuki Hair Spaでは、髪と地肌に良い2種類のお水と炭酸泉(軟水)でヘアスパをすることが出来ます。

脂や蛋白を分解する洗浄水 (体臭・加齢臭や頭皮が臭い等の臭い対策にもオススメです)頭皮の除菌をし髪のキューティクルを整えてくれる衛生水、頭皮、髪のコンディションにより担当美容師があなたに会った処方をいたします。

使用前のヘアスパ用洗浄水。お水が透き通っています。

使用後は、分解された汚れが浮き、白く濁ります。

 

使用前       使用後